鍵の防犯レベルをチェック

ディスクシリンダーの危険性について

ご家庭の玄関の鍵穴が「くの字」になっているというご家庭も多いと思います。このタイプの鍵穴の鍵のタイプをディスクシリンダーといいます。このディスクシリンダー、とても危険です。何が危険かというと防犯性が極めて低いのです。

ディスクシリンダーが作られた時代は、ドライバーなどの工具を使って鍵穴に無理やり押し込んで鍵を開ける犯罪が主流でした。そのためクの字になっていることでこの犯罪に対しての効果は絶大でした。

ところが時代が移りピッキングによる犯罪が増えたことで、ピッキング対策がなされていないディスクシリンダーはピッキングの標的にされてしまったのです。ピッキングで狙われてしまった場合は一分もかからずに鍵を開けられてしまうほど防犯性は低いです。

でも、そんな危険なディスクシリンダーがなぜ今も多くのご家庭に付いているのか、それはあまりにも国内に普及してしまって現状でもトップシェアを誇っているからです。今でも5000万個以上は使用されていると言われています。ピッキングに強いとされるディスクシリンダーもメーカーから販売されていますが、それでも完ぺきとは言えず構造的にピッキングを防ぐことは難しくなっているのです。防犯性の面から考えてとても危険ですので、ご自宅の鍵が防犯性の低いディスクシリンダーではないか、チェックしてみましょう。

ピッキングに強い複雑な構造のディンプルキー

空き巣や窃盗の侵入手口も年々巧妙化しており、玄関の鍵穴に工具を使用して開錠するピッキングも多発しています。
技術があればものの数分で鍵が開けらてしまい犯行に及ばれてしまいますので、鍵穴にピッキング対策をすることは防犯面においてとても重要なことです。そこで開発されたのがディンプルキーです。

構造はピンシリンダーキーに分類され、キーの大小の表面のくぼみにシリンダーの内部にあるピンの一つ一つが一対一で対応をしています。鍵を挿入するとシリンダー内のピンが整列して鍵穴が回るようになる仕組みです。
これまでの鍵はギザギザの鍵山があるものが一般的でした。ですが、このタイプでは構造が単純で鍵が回しやすく、構造を理解していれば素人でも簡単に開けることができるものでした。

一方のディンプルキーは、シリンダー内部のピンやディスクが複数あります。
従来のピンシリンダーは、内蔵されているピンが1列のみの6ピンから8ピン程度でしたが、ディンプルシリンダーはこれが3列から5列ほど並んでいるものが多いのです。
その配列も組み合わせがとても複雑ですので、対応する鍵がなければ簡単に開けることができず、工具のみを使って開けることが非常に難しいとされています。
このピッキングに対する高い防犯性から、近年の日本の住宅ではディンプルキーが一般的に使用されています。

電子キーや生体認証錠の防犯性能はどれほどのものか

我が家の安全を確実に確保するためには鍵の重要性が高いことは言うまでもありませんが、果たして昔ながらのアナログの鍵だけでそれを担保することができるでしょうか。

ディンプルキーのような防犯性能の高い鍵も良いのですが、最近では一般のご家庭でも電子キーや生体認証錠のようなハイテクキーを取り入れています。

生体認証とは世界にひとつしかない自分の体の一部を利用したシステムとなっており、最もポピュラーなものだと指紋認証が思い浮かぶでしょう。
それ以外にも顔認証や目の虹彩を識別してロックをしたり解除したりする物もあります。今一番ご家庭で採用されているのが指紋認証と電子キーの複合型と言われていますが、まずタッチパネルに指を置いて本人であることを確認してから暗証番号を入れるというタイプの物です。
ではこの様な電子キーや生体認証錠の防犯性能はどうなっているのかというと、やっぱり従来のアナログの鍵よりも断然安全性を確保できるという意見が多くなっています。
電気を使用しているからちょっと不安じゃないかと思われるかもしれませんが、最新式のものは様々な対策が施されていますので安心できるんです。
そして無理にこじ開けようとしたりすると警報音がなったり、いたずらを防止するための機能も付いていますので、電子キーや生体認証錠はこれからの主流となるかもしれません。

このページの先頭へ