鍵の管理やメンテナンス

鍵穴や鍵の手入れでトラブル回避

鍵を長く使っていると、いつかトラブルが起こる可能性があります。
鍵が鍵穴に入らない…、入っても回らずに開錠・施錠ができない…、といったことが主なものです。
こういったトラブルは、日頃からちょっとしたことを気をつければ、十分に防ぐことができます。

鍵屋さんに言えば直してもらえますが、その前に自分でできる対処法もいろいろあります。

まず、鍵穴にごみが付かないようにしましょう。
ディンプルキーのような、鍵の面にくぼみがついているような構造だと、そこに汚れなどがつきやすいです。
汚れをつけたまま鍵穴に鍵を差し込むことによって、鍵穴の中に汚れを少しずつ溜まらせてしまうのです。
これについては、鍵の溝やくぼみの部分を掃除することが効果的です。手垢や泥状のものであれば軽くぬぐっただけでは取れないことがあるので、歯ブラシを使うとよいでしょう。
鍵はどうしても凹凸があるので汚れなどが付きやすくなります。対処法としては歯ブラシなどで鍵をきれいに掃除することになります。

次に汚れを落とした後で、鍵の溝やくぼみに鉛筆の芯を塗り込みます。鉛筆の芯は黒鉛でできていますが、この黒鉛は金属のよい潤滑剤になるのです。専門の潤滑剤も黒鉛の微細な粉末なので、同様の効果が得られます。これによって、鍵のすべりをよくします。

鍵穴には鍵が滑らかに回るように鍵穴専用の潤滑油が入っているのですが、使用を続けると潤滑油が減ってしまいます。潤滑油が減れば鍵の回りが悪くなるので潤滑油で対処すると回るようになる場合があります。ここで注意したいのが、普通に市販されているような潤滑油を使用しないことです。使用するとその時は良くなっても後でホコリやごみが付着して鍵が回らなくなることがあります。鍵穴専用の潤滑油を使用することが大切です。

最後に、鍵穴のほうの手入れについてですが、鍵穴のなかに入ってしまっているホコリやゴミを取り除くため、掃除機を使います。掃除機の先(ノズルを取った筒の状態で)を鍵穴にぴったりと押しつけ、左右に振ることでほとんどのゴミは取り除けます。
掃除機を鍵穴のところまで持ってくるのが手間であれば、パソコンなどに用いるエアダスターでもよいでしょう。
鍵穴の内部は非常に精密にできているのでちょっとのホコリやごみが入るだけで鍵がうまく回らなく時があるのです。ですからエアダスターや掃除機で鍵穴を綺麗にしてあげるだけでうまく鍵が回るようになることがあります。

交換にお勧めのシリンダー3つ

玄関の鍵を交換したいけど、どんなものが良いかわからないという人もいると思います。そんな方にお勧めのシリンダーを3つほどご紹介したいと思います。
まず一つ目はMIWAU9という商品です。この商品の良いところはピッキング性能と料金のバランスです。安価な価格でありながらロータリータンブラー式シリンダーを採用していてピッキングに対して強い効果を発揮します。ドリルなどによる荒手の鍵穴破壊には弱いものの、通常の鍵に比べるて防犯性は十分兼ね備えていると言えます。

二つ目はカバスターネオです。この商品の良いところは、特許技術のブロックコードや5列16ピンによる複雑な構造で抜群のピッキング防止機能と超硬ピンを使うことによって工具などによる破壊開錠にも強い耐性を持っていることです。完ぺきな防犯を求めるならトップクラスのシリンダーです。

三つ目は、キーレックス800自動施錠タイプです。この商品の良いところは名前からも分かる通り鍵が必要ないことです。ボタン操作をするだけで簡単に開閉ができるうえオートロック機能付き、さらには鍵穴がないからピッキングをすることもできませんし空転装置内蔵で鍵穴破壊などの無理なこじ開けにも強くなっています。利便性と防犯性の両方を考える人にお勧めです。

このページの先頭へ