鍵の交換で注意すべきこと

鍵の交換が必要になる時

鍵の交換が必要になる時といって、一番始めに思い浮かぶのは「家の鍵をなくしてしまった時」だと思います。
カギを落としてしまった、カギが入ったカバンごと失くしてしまった…など原因は様々ですが、そのカギを誰かが手にしたとき、知らない誰かが我が家に侵入してくるのではないか、という不安が拭いきれないと思います。
そんな不安を払拭するためには、やはり鍵をすべて交換するのが一番良いでしょう。ただ、それには住んでいる家の形態に注意しなければなりません。
もしも賃貸に住んでいたならば、オーナーに相談が必要です。間違っても勝手に交換しないようにしましょう。
持ち家でもマンションの場合は管理組合に相談が必要になってくる物件もあるようです。規約を確認したり、問い合わせをするなどしましょう。
一戸建ての持ち家の場合は制限はありませんが、その場合でも必ずいくつかの業者から見積もりを取ってみて、口コミなども参照しながら信頼出来る業者を選ぶようにしましょう。
また、せっかく交換するのならば、セキュリティー対策を万全にした鍵を選ぶと良いでしょう。
対ピッキング被害や、対ドリル破壊の物など、防犯対策を完璧にすれば暮らしに安心材料が増えます。
まずは、鍵の交換が必要にならないように、あるいは鍵を落とさないように「予防」することが大切です。特にお子さんにカギを持たせる時にはくれぐれも注意しましょう。

交換におすすめの鍵

今回はおすすめの鍵を紹介したいと思います。全てのご自宅にぴったりの鍵というのはありません。各家庭によって鍵に求めるニーズや予算などが違うからです。そこでニーズ別におすすめの鍵を紹介していきたいと思います。
まず、防犯性を高めたい人におすすめの鍵がロイヤルガーディアンEXです。この鍵の凄いところは、世界初のデッドロック構造でピッキングが不可能なところです。しかもドリル破壊やサムターン回し対策もされているなど防犯性では他の追随を許しません。とにかく防犯性を高めたいと言う人にぴったりです。その上をいく、「マルティロッック」という鍵もあります。

次は、簡単な開閉操作を求める人におすすめなのが指紋認証デジタルドアロックです。名前からわかる通り指紋認証で開錠できる上、オートロックなので鍵が全く必要ありません。もしも指紋認証できなくてもテンキーがついているので安心です。

最後に紹介するのは、家族の徘徊にお困りの方におすすめのMIWA PR両面シリンダータイプです。
この鍵の優れているところは、両面シリンダーなので内側からも外側からも鍵がないと開かないことです。
徘徊はもちろん、お子さまが勝手に外に出てしまう危険も防止できます。
ご家庭のニーズに合わせて最適な鍵に交換しましょう!

鍵のお手入れ方法

鍵のお手入れを考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。
しかし、いざ鍵が回らない。鍵が開かない。家に入れない…となってしまってかでは大変です。費用もかかるし時間もかかってしまいます。
そこでここでは、日ごろからできる簡単お手入れ方法をご紹介します。

鍵は洋服のポケットに入れたり、カバンの中に入れたりして、繊維のゴミが付着することが多いものです。
そこで、時間がある時には、使い古しの歯ブラシで、鍵の溝を良く注意して見ながらホコリやゴミを掻き出しましょう。その時に、間違っても濡れた歯ブラシを使わないようにしてくださいね。

何となく鍵がささりにくいな、回りにくいなと感じたら鉛筆を鍵に塗って鍵穴に入れてみましょう。「鉛筆?」と思われるかもしれませんが、鉛筆の芯に含まれる「黒鉛」と言う成分が潤滑油の役割を果たしてくれるのです。「黒鉛」は鍵穴にもとから使われているものなので悪影響を及ぼす心配もなく安心して使えます。
2Bなどの濃い鉛筆の方が「黒鉛」の成分が多くて効果的です。

鍵穴のお手入れ方法としては、掃除機で汚れを吸い取るのがオススメです。その際には隅々の汚れが取れるようにノズルを左右に動かしながら作業しましょう。
時間がある時に、あるいは掃除のついでに出来るお手入れ方法なので、ぜひお試しください。

このページの先頭へ